はっちのバーカブログ

日常に体験したネタ話、日常にふと感じた事。毎日見る夢の話。そしてトレンドにバーカと一喝します。

はっちの日常

健康セミナー受講しました。血管年齢を測定したんだけど驚愕の結果が。


スポンサーリンク

 

健康とはなんぞや?って思うの。病気しないことがいいのか、ケガしないおとがいいのか。もちろん精神的な病気もある。薬も飲むし、サプリも飲むのだろうか。

 

はっちです(^_-)-☆

 

今回の話はこちら!!!

 

健康セミナー受講しました。血管年齢を測定したんだけど驚愕の結果が。会社関連で健康セミナーを受けることになって勉強してきました。

 

血管のこと。生活習慣のこと。基本は食生活にあり!ってことで受講後に自分の血管年齢を測定する機会があって初めて自分の血管年齢を計ってみました。結果に驚愕した。僕じゃないけどね。

 

どうぞ、軽く勉強になると思うので読んでみてください。

 

スポンサーリンク

 

ってことで僕が習ったことを軽く説明していこう!

 

まずは……そもそも

 

血管年齢とは?

 

血管年齢というのは血管の老化度合いの目安を表す指標。血管年齢が高いと動脈硬化が進行していることを表し、血管年齢が低いと動脈硬化がそれほど進行していないことを表すのだ。

 

じゃあ……

 

動脈硬化とは?

 

動脈硬化とは血管の老化などにより、血管が硬くなったり、様々な物質が溜まることで血管が狭くなったりして血管内の血液の流れが滞ってしまうことを言うのであーる。

 

基本的にこれ覚えとけばOK!!!(笑)

 

ってことで血管年齢が高いと動脈硬化が進行しているってことになるよね。だから若ければ若いほど健康な血管なんだよってことになるのだよ。

 

血管年齢と動脈硬化は別ものだと思うかもしれないけど、血管年齢は、動脈硬化の進行度合いを表しているということ。血管年齢が高いと診断されれば動脈硬化が進行しているという意味。血管年齢が若いと診断されれば動脈硬化の進行はそれほど進んでいないことを意味するということ。

 

ほんなら

 

血管年齢の老化の原因はなんなん?

 

血管年齢の老化の原因は何?てこと。主な3つの原因は、高血圧、高血糖、中性脂肪・コレステロールが高いといったことが挙げられるの。これ聞いてもピンとはこないけれど簡単に言えば油っぽいものの食べ過ぎ、ジュース、夜食、お菓子ばっかり食べてたらダメよ?ってこと。

 

カロリー意識して食べましょうって意味。野菜とったり、揚げ物を控えたりすることでグンと血管年齢を下げることが出来るとのこと。これを若いときから意識していかないと歳とってからクッソ恐ろしい現実に襲われるから今のうちから意識して食生活を送ってほしいとのことでした。

 

で。

 

僕はセミナー終わりに自分の血管年齢をおそるおそるはかってみた。専用の機械。あれなんだっけ?加速度脈波計やったかな?人差し指をセンサーに乗せてはかる機械。

 

ちなみに僕は血管年齢ほぼ実年齢と同じでした(笑)正直60歳とかだったらどうしようと緊張してた。

 

でも笑ったよ。目の前の人、歳はわからないけど若そうに見えたおじさん。

 

おじさん「俺どうしよう。60歳とかいったら」

 

周りは笑ってた。そんなことあるわけない。40歳くらいかな?

 

おじさん「お!終わった」

 

ピピピピピ

 

おじさん「……俺、63歳やってよ」

 

あーーあ(笑)

 

死ぬんちゃうかな?

 

あの人。

 

END

 

今回のはっちのバーカブログを最後まで読んでくれてありがとうございました。もしこのネタ記事を読んで面白かった、良かったと思った読者様は下記の「人気ブログランキング」「ブログ村ランキング」のバナーを宜しければポチっとクリックをお願いします。

 コメントも残してもらえると嬉しいです( ;∀;)

ブックマーク登録、シェアよろしくお願いします!Twitterもやっているのでフォローお願いします。はっちでした(´・ω・`)

 【関連ネタリンク】

 ⇩⇩             ⇩⇩

スポンサーリンク

-はっちの日常