はっちのバーカブログ

日常に体験したネタ話、日常にふと感じた事。毎日見る夢の話。そしてトレンドにバーカと一喝します。

はっちが見た夢の話

飲み屋のお気に入りの嬢が目の前で客とキスしだしたときの話。


スポンサーリンク

 

くそおおおおおおお!!!!ログインできなくなった!!!エオルゼアああああああ!!!ってことでその時間を利用してブログを更新。書きたいことあったのだ。Twitterでもいってたけど。

 

はっちです(^^)/

 

今回の話はこちら!!!

 

飲み屋のお気に入りの嬢が目の前で客とキスしだしたときの話です。男性なら誰でも夜の飲み屋へはいったことあるとおもう。その時に「タイプな子」だったり「少しエッチな子」だったりいるわけ。

 

個人的に好きになった女性もいるだろう。酔ってるからそういうのもいいじゃん。でもさ?お気に入りの子が仕事のくせに酔って客とキスしだしたらどう?

 

そんな話です(笑)

 

スポンサーリンク

 

昔はキャバクラとかも当たり前のように行ったりしてたけど(いや、もちろん今もたまに行ったり)、やっぱりゆっくり飲みたいっていうのがあるから居酒屋からのいきつけのスナックだったりラウンジだったり。

 

僕は最近はいきつけのラウンジばっかり。酒飲める場所はいいね。お酒大好き。

 

で、男性諸君、とくに若い子たちは出会いもあったりするわけ。あの子可愛い、通おう!そして連絡交換して付き合おう!彼女にしよう!っていう考えも持ってる人おると思う。

 

もしさ?こんなことあったら君なら何を思う?

 

君が気に入ってた嬢さん、連絡先はしってる。付き合ってはない。日に日に彼女のことが好きになってく。そしてまた今日もその子がいる店にお酒を飲みに行く。いい感じになってきた。そこへ……

 

嬢「あ、いらっしゃい!!!」

 

知らんキモイ男の客が来店。

 

君「……常連さん?」

 

嬢「うん。めっちゃ常連」

 

君「へえ。そう」

 

嬢「うん。ちょっとあの人のところへ付くね」

 

君「あ、うん」

 

キャバクラじゃないから彼女はずっと隣にいない。

 

時間がたつ。キモイ男は嬢へお酒をどんどん飲ます。気持ちいいほどに。

 

気が付いたら君もだいぶ酒がすすみ酔ってきた。そしてそこへ衝撃の光景が。

 

嬢とキモイ男が目の前でキスしだしたら……

 

君「……ええええええええええええええ」

 

想像してみて(笑)

 

この場合、君ならどうする?どう思う?何か言う?どうする?(笑)

 

僕は先日、このような光景を夢でみた。正直な感想をいうとね……

 

めっちゃ腹立ったあ~~~~~!!!!w

 

腹立つというか本音を言えば「嫉妬」よ。僕がしたいのに!僕がしたかったのに!なんでお前みたいなキモイやつが彼女とキスしてるんや!しかもここそういう店ちゃうぞ!おい!こら!

 

っていう感じ(笑)

 

これさ?みんなどう思うんやろうか。黙ってあきれて帰るとかもあるんやと思う。そして先日事件にもなった激怒した君がキモイやつをボッコボコにして障害事件に発展したり。これもあると思う。

 

あの気持ち……僕は夢で体験したわけよ。なんか嫉妬とあとにめっちゃ嫌いになったわ。そいつが誰か?いや、正直別に特定な人がいるわけじゃないんやけど、そういう雰囲気の体験をしたって話。

 

ようするに……

 

自分が気に入ってる人、思いを込め続けた人、ようするに自分にとってはものすごい大事(価値のあるもの)大切な人がどこの馬の骨かわからんやつに遊ばれてる感覚っていうの?それがあったのよね(笑)

 

あれは嫌やわ~

 

でもなんだかんだ突き詰めると……

 

人間ってどこかやっぱり嫉妬があると思うの。

 

なににしても嫉妬ってあると思う。芸能人とか政治家にたいして文句言う人も結局は金の嫉妬もあるわけだしさ。それだけじゃないけど嫉妬って感情いらんわ。絶対。

 

ん?

 

そうそう。

 

ジェラシーね(笑)

 

END

 

今回のはっちのバーカブログを最後まで読んでくれてありがとうございました。もしこのネタ記事を読んで面白かった、良かったと思った読者様は下記の「人気ブログランキング」「ブログ村ランキング」のバナーを宜しければポチっとクリックをお願いします。

 コメントも残してもらえると嬉しいです( ;∀;)

ブックマーク登録、シェアよろしくお願いします!Twitterもやっているのでフォローお願いします。リンクはこちらhttps://twitter.com/winona0725

 

はっちでした(´・ω・`)

 

 【関連ネタリンク】は下にございます!!!

スポンサーリンク

-はっちが見た夢の話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。