はっちのバーカブログ

日常に体験したネタ話、日常にふと感じた事。毎日見る夢の話。そしてトレンドにバーカと一喝します。

映画の感想

【映画】スイス・アーミー・マンを観たので軽くレビューします!


スポンサーリンク

 

はっちです(^^)/

 

今回の話はこちら!!!

 

【映画】スイス・アーミー・マンを観たので軽くレビューします!

 

フラっと手にしたこの作品。パッケージとあらすじだけ見て即レンタルしました。映画館でしてたの知らなかった。軽く説明するのなら無人島で遭難した人と浜辺に漂流した死体の話(笑)これコメディーよね?これサスペンスじゃないよね?と自問自答してちょっとわくわくして観ました。僕なりに軽くレビューします!

 

スポンサーリンク

 

※注意。登場人物名、内容、など細かいことは書きません。ネタバレは少しあるかもだけど、あくまで僕が1回だけ観て、その記憶だけを頼りに軽くレビューします。間違った内容も書くかもだし、適当に読んでみて興味が沸いたらぜひこの作品を観てみてください!

 

ということで、今回観てみた映画は

 

「スミス・アーミー・マン」

 

ということで……(笑)ってかこの時点で間違ってるもんね。スミスじゃなくてスイスだもんね。

 

まずはあらすじをザクっと書いていこうか。

 

こちら!!!

 

「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが死体役を演じ、「リトル・ミス・サンシャイン」「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」などで知られるポール・ダノ扮する青年が、死体を使って無人島からの脱出を試みる様を描いた異色のサバイバル劇。遭難して無人島に漂着した青年ハンクは、絶望して命を断とうとしたとき、波打ち際に男の死体が打ち上げられているのを発見する。死体からはガスが出ており、浮力があることに気付いたハンクは意を決し、死体にまたがり無人島脱出を試みるが……。

 

とのこと。映画コムからの転載でございます。

 

まずね、よくある話で、無人島で遭難。そこで繰り広げられるサバイバル。これはもうベタ中のベタなのね。映画でも漫画でもよくある話。やけど、上記でもあるように「死体にまたがり……」

 

これね、パッケージみたらわかるけど、死体がジェットスキーになってるわけ(笑)どういうこと?ってなるやんか。これでまず心つかまれてどういうことなのか知りたくてこの映画をみるきっかけになる。

 

しかもおおおお!

 

この死体役が「ハリーポッター」よ?(笑)あの最強の魔法使いよ?僕はハリーポッタード世代だから違う意味で「ショック」だった(笑)もっと役えらんでもよかったんじゃない?って思ったよ。

 

ここに彼の俳優魂をみたね!個人的には(別にこの死体役って誰でもよかったんじゃないかなって思ったり)

 

まずいきなり無人島で遭難シーンから始まり、主人公は自害しようとするのね。首つって死のうとしてる。そしたらそこに見えたのは三途の川でもなく、浜辺に打ち上げられた死体。

 

ん?って思い近づくとそこにあるのはやっぱり「死体」

 

僕「ハりーぽったー!!!!」

 

ハリーが死んでるわけ(笑)

 

で、いろいろ話掛けたりするのだけどやっぱりそれは死体。女性ならともかく男性の遺体。めっちゃ寂しくて話す相手もほしかったんだろうけど、やっぱり目の前にあるのは死体なわけ。

 

※そうそう。一回目の首つり失敗してロープが切れたのよ。だから死体が身に着けていたベルトをとってその後、また首を吊るも死体に異変が。

 

ぶくぶく震えだして、ぷぷーって屁をこくしまつ(笑)このあたりから「あ、これコメディーだ」って思い出したね。簡単にいえば死体から出てる腐敗ガスがそうさせてたみたい。

 

時間がたつと死体は海のほうへ、浮かんでる。流される。都合のいいようにさっき切れたロープが足元に。腐敗ガスがジェットの役割をはたしどこかへ行こうとするので「逃げるな、俺もつけれて!」って感じでさっきのロープを遺体に通して、ハリーポッターがジェットスキーのように

 

ブーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

 

彼とハリーは無人島脱出(笑)

 

なんでやねん!!!

 

ここ正直一番笑えるシーン。最初で最後のね(笑)

 

死体のお尻からガスでて、それにまたがって時速どれくらいだろ?40から60はでてたんちゃうかな?ジェットスキーのように海を走り抜けるシーンは前代未聞じゃないか?見たことも想像したこともない。これはここだけでも見る価値はあるのかも。

 

で、そこからはもう……

 

カオス(笑)

 

死体なのに急に話だすわ、口から水でてそれを飲むは、屁のガスで火はもえるし飛ぶし、なんか調べてみたら「十徳ナイフ」=スイス・アーミー・ナイフをもじってるっぽのね。

 

で、実際ラドクリフちゃんが演じる「死体」は、数々の機能を持った「万能死体」という設定が前から話題になってたらしくてね。体内のガスを利用してジェットスキーになったかと思えば、弾丸を発射したり、死後硬直を利用して腕で丸太をへし折ったりしたり、過酷な状況を生き抜くサバイバル・ツールとして大活躍するからもうわけがわからん。

 

面白いんだけど、なぜか気持ちが悪い。だって死体よ?最初夢オチか、幻覚かな?って思いながら見てたの。

 

でもまあ、映画だしってことで見てたんだけど、これねオチというかラストシーンがもう……

 

観てみて!!!

 

正直、僕はぎりぎりまで「そういうことか」って納得してたん。まあそうよね、そうなるよね。って自然にそう思ってた。だけど、驚愕のラスト!

 

これ大事!!!(笑)

 

本当に驚愕のラストなわけ!!!

 

ここは言いたくないし、見てほしい(笑)

 

えええええええええええええええええ

 

ってなるから(笑)

 

あるいみ「バカな映画」だけど、映画らしい映画。あとに何が残るわけでもなく、バカ映画やなああああって僕は思えた。友情?愛?サバイバル?生きるとはなにか?ノーノー、そんな哲学だったり理屈じゃない。

 

ただただ見てて、見終えて「バーーーカ」な映画だと僕は思った。いい意味でね。泣けるわけでもなく、ただ気持ち悪く笑える映画。それがこのスイス・アーミー・マン。ぜひご覧ください(笑)

 

損はしないはず!!!(笑)

 

END

 

今回のはっちのバーカブログを最後まで読んでくれてありがとうございました。もしこのネタ記事を読んで面白かった、良かったと思った読者様は下記の「人気ブログランキング」「ブログ村ランキング」のバナーを宜しければポチっとクリックをお願いします。

 コメントも残してもらえると嬉しいです( ;∀;)

ブックマーク登録、シェアよろしくお願いします!Twitterもやっているのでフォローお願いします。リンクはこちらhttps://twitter.com/winona0725

 

はっちでした(´・ω・`)

 

 【関連ネタリンク】は下にございます!!!

 

スポンサーリンク

-映画の感想