はっちのバーカブログ

日常に体験したネタ話、日常にふと感じた事。毎日見る夢の話。そしてトレンドにバーカと一喝します。

こんな店、二度と行くか!

こんな店、二度と行くか!タコ焼きバー編#2これは実話です。


スポンサーリンク

 

はっちです(´・ω・`)

 

今回の話はこちら!!!

 

こんな店、二度と行くか!タコ焼きバー編#2これは実話です。

 

先日夜飲みに行ったときに体験した話です。これはさすがにイライラしたけれど、よくある話なのかもしれない。店側としてしっかりしてほしい。たまにこういった飲食店あるから嫌になってしまうね。

 

仕方ないんだろうけど。さて、そんな話を少し面白く書けたら書いていこうと思います。ではどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

一件目にいつもいく串カツ屋さんで友達と飲んでたんよね。で、早めに帰りたかったから二件目たべて帰ろうと。

 

僕「タコ焼きがたべたいねん」

 

友達「いこうか」

 

近くにタコ焼専門の居酒屋があってそこへといった。前から気にはなってたんよね。外からタコ焼き焼いてるの見えてたから。

 

僕「タコ焼きとお酒でフィニッシュしよう」

 

友達「おう」

 

入店。

 

店入ったらまず客は僕らだけ。店員は高校生あがりくらいの分かり女性2人。これがまたやる気のないこと山の如し(笑)

 

店員「いらっしゃやせ~」

 

声小さく案内されるわけもなく僕たちは適当に椅子に。

 

目の前みたらタコ焼き16個くらい焼いてあった。

 

僕「タコ焼きください」

 

って頼んだら

 

店員「今から焼くので時間かかりますけど」

 

って。

 

ほんなら友達が「いやいや、そこにあるやん」

 

って指さしたさっきのタコ焼き。

 

店員「あ、あ~。あれは違うんですよ。もう捨てるんで」

 

ごっつ嫌そうな顔されたwそれ捨てるんや。

 

店員「もう固くなってるとおもうんで」

 

僕たちはお酒頼んでちまちま飲みながらおつまみたのんでタコ焼き待ってた。

 

数十分経過ーー

 

僕「なあなあ、タコ焼き焼いてるか?あれ」

 

友達「うーうん、焼いてない」

 

さっき捨てるって言ったタコ焼きは捨てられることもなく。その時だった。

 

外からテイクアウトできるシステムにもなっててね、客が来た。キャバ嬢とおっさんの2人。タコ焼きをテイクアウトするとのこと。

 

店員「いらっしゃい!なに、早いやん!タコ焼き?」

 

キャバ「うん。6個入りちょうだい」

 

店員「はいはい🎵」

 

友達が、それとも常連か。僕たちの態度とはぜんぜんちがって笑顔でそのタコ焼き渡してた。

 

いやいやいやいやいやいやい

 

こっちずっとそのタコ焼き待ってんねんけど!!!(笑)

 

こっちのこと完全に無視。きっついわこれ。

 

まあ細かく言えばおそらく僕の相方の店員さんへの対応がいかつかったのが原因と僕は思ってるけど・・・。客から横柄な態度されたら若い子とか嫌なんじゃないかなって思う(笑)

 

でもまあ、僕はもうこういう店にはいきたくない。

 

僕「すいません。もう行きますわ。ごちそうさま」

 

って言った後も「タコ焼きのこと一切なにも言ってこなかった」(笑)

 

嘘ーーーーん・・・泣

 

こっちタコ焼き待ってたのに。

 

もう何もいわず黙って金払って出たよ。タコ焼きの料金ももしかしたら入ってたかも。いや、もうこの店こないからいいや。

 

無念。

 

END

 

今回のはっちのバーカブログを最後まで読んでくれてありがとうございました。もしこのネタ記事を読んで面白かった、良かったと思った読者様は下記の「人気ブログランキング」「ブログ村ランキング」のバナーを宜しければポチっとクリックをお願いします。

 コメントも残してもらえると嬉しいです( ;∀;)

ブックマーク登録、シェアよろしくお願いします!Twitterもやっているのでフォローお願いします。リンクはこちらhttps://twitter.com/winona0725

 

はっちでした(´・ω・`)

 

 【関連ネタリンク】は下にございます!!!

スポンサーリンク

-こんな店、二度と行くか!