はっちのバーカブログ

日常に体験したネタ話、日常にふと感じた事。毎日見る夢の話。そしてトレンドにバーカと一喝します。

はっちの日常

スタバにて蛇に睨まれた蛙状態になった話。


スポンサーリンク

 

寒すぎて死ぬ・・・・。

 

はっちです(^^)/

 

今回の話はこちら!!!

 

スタバにて蛇に睨まれた蛙状態になった話。

 

例えばどこかの店で友達と話ながら食べたり飲んでたときに視線を感じるとき、またはちょっと声が大きすぎたかな?とか思ったとき。僕は確実に視線を感じたので目線の方へと意識を移す。蛇が睨んでたのを確認。僕はそのとき蛙になった。

 

スポンサーリンク

 

さて、本題にいくまえにやっぱりまだ納得できないわ!(笑)

 

閲覧数がもどらない!グーグルさん!どうしたらいいんだ!

 

※前回にも書いたけどコツコツが勝つこつなのだよね。だから閲覧数じゃなく、しっかりと更新してかないと読んでもらいたい内容さえも手の届かないことになるんだ。

 

ってことで今回も書いていこう!

 

先日スタバで友達とお茶してたんだけど、まあまあディープな(仕事関係ね)話をしてたわけ。普通にね。

 

ただなんか向こうに新聞読んでた(新聞読んでたのか勉強してたのかは確認できない、ノートとペンも手もとにあったから)おじさんがいたのね。

 

やたらとチラチラこっち見よる。僕だけが気付いてた。

 

よくそのおっさんの顔見るとどうみても「イライラ」してた。

 

僕は冷静になる。

 

―あれ?もしかして店内人いてるけど僕たちの会話・・・うるさすぎる?

 

いや、笑ってたり調子のってたんじゃないの。ただ熱もった話しをひたすらしてたから冷静になって自分の第三者目線でみたら声がでかく店内響いてた印象。

 

―そういうことか。

 

と勝手に僕は解釈(笑)

 

蛇がちょいちょいにらんでくる。ただ、ここで僕は相方に「声がでかい」っていうのも違うし、もちろん僕も声が大きいはず。しかもまだ「確証」がない。睨んでる蛇が目つき悪いだけかもしれない。

 

ここジレンマね(笑)

 

ただひたすらこの状況を耐えるしかない状態。がんばれ!

 

僕たちは熱心に語る。向こうには蛇。そして蛙になったのは僕。

 

いつキレるかわからない。もし「お前ら声がでかいわ!静かにせぇ!」ってもし言われたらどうしようかって考えてた。

 

そう、どう謝罪しようかと(笑)

 

周りに気をつかいすぎる僕の性格がこうさせるんよね。これアカンところ。

 

で、結局怒られる前に店はでたんだけど、気持ちわかる。その蛇の。

 

うるさい!とかなんやこいつら!ってなったときまずは「視線を向ける」よね。気づけよ?おい?みたいな。

 

外国なら「ジョーク」や「ヘイ!」っとかで最初は笑いながら忠告してくれるんだろうな。

 

そのへんの周りと自分との温度の調整って改めて難しいと思ったわん。ただ

 

「そこまで気にすることじゃない!」

 

っていうのが結論なんだけどね(笑)

 

ちょっとブログ頑張る。

 

今年もあと少しだ!

 

END

 

今回のはっちのバーカブログを最後まで読んでくれてありがとうございました。もしこのネタ記事を読んで面白かった、良かったと思った読者様は下記の「人気ブログランキング」「ブログ村ランキング」のバナーを宜しければポチっとクリックをお願いします。

 コメントも残してもらえると嬉しいです( ;∀;)

ブックマーク登録、シェアよろしくお願いします!Twitterもやっているのでフォローお願いします。リンクはこちらhttps://twitter.com/winona0725

             

はっちでした(´・ω・`)

 

 【関連ネタリンク】は下にございます!!!

スポンサーリンク

-はっちの日常

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。