はっちのバーカブログ

日常に体験したネタ話、日常にふと感じた事。毎日見る夢の話。そしてトレンドにバーカと一喝します。

はっちの日常

ボタン1つで購入した商品が手元に届くということ。


スポンサーリンク

 

昨日の頭痛はまじでビビったわ。二日酔いのような痛み、風邪ひく前の痛み、片頭痛のような。薬飲んでも治らんかったんだが、今朝起きたら治ってたっていう(笑)

 

はっちです(^^)/

 

今回の話はこちら!!!

 

ボタン1つで購入した商品が手元に届くということ。

 

たいした話じゃないんだが夜中に高速道路走ってたら思ったことがある。当たり前のことなんだけど、意識せな分からないことだった。そらそうや、当たり前やって感謝する気持ち。ただそこはビジネス。

 

情だけで成立する話ではないんだが根本を考えるとすごいことなんだなって思えた、そんな話です。

 

スポンサーリンク

 

例えば服が欲しくて服屋さんへ行って服買います。店員さんと話して物を買って手元にそれが届く。当たり前よね。

 

ネットが本当に便利でよくアマゾンとか利用するんだが、もうボタン1つ押せば2日後とかには手元に商品が届くじゃない?めちゃくそ早いねん。

 

だからもう僕なんてほとんどネットで買い物するわけ。簡単で早い、値段も安いって感じでなんの不満もない。

 

そんな意識で生活してたんだけど、そもそも買ったものは誰が運んでるの?って「軽く」思ったときに

 

いや、配達してる人やん!

 

ってポストや玄関前までとどけてくれる人のことを僕は思っていたわけ。

 

それをね、夜中とか高速道路を走ってるときにもうね、トラックだらけなの。物を運んでるわけ!!!

 

いやいや当たり前やないか!って思うけど、ここが盲点でね(笑)

 

普段そんなところ見ないからボタンさえ押したら商品が届くような魔法があって、ぴょんって標品が配達業者に届くようになってるんちゃうかな?って錯覚してた気さえするのよ。

 

例えば購入したものが東京にあってそれを僕が買ったとする。海外でもいいや。それをそこから「誰がこっちへ運んでくるの?」って話よ。誰かが運ぶから僕の手元にそれが届くわけだから。

 

誰かの手によってここまでほぼノンストップで運ぶ人がいる現実。これ忘れたら駄目よね。いや、書いてても思うけど当たり前のことなんだけど意識してなかったらまるで今の現実のショッピングって魔法みたいに感じることがあるからさ。

 

自分が見てないところで、誰かが誰かのために動いてるっていうこと

 

これは本当に忘れたら駄目なことだし、便利の裏には影もあるわけだから・・・

 

ただね、綺麗ごとのように書きたくないからあれだけどこれもビジネス。

 

何が言いたいかって結局・・・

 

物運んでる人たちスゲエエエ!!!ってことなのよ(笑)

 

ってことを先日とある夜中の高速道路で思いましたって話でした!

 

ばーいw

 

END

 

今回のはっちのバーカブログを最後まで読んでくれてありがとうございました。もしこのネタ記事を読んで面白かった、良かったと思った読者様は下記の「人気ブログランキング」「ブログ村ランキング」のバナーを宜しければポチっとクリックをお願いします。

 コメントも残してもらえると嬉しいです( ;∀;)

ブックマーク登録、シェアよろしくお願いします!Twitterもやっているのでフォローお願いします。リンクはこちらhttps://twitter.com/winona0725

 

はっちでした(´・ω・`)

 

 【関連ネタリンク】は下にございます!!!

スポンサーリンク

-はっちの日常

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。