はっちのバーカブログ

日常に体験したネタ話、日常にふと感じた事。毎日見る夢の話。そしてトレンドにバーカと一喝します。

トレンド

元モー娘・後藤真希「夫とは別の男性と関係がありました」不倫報道


スポンサーリンク

 

はっちです(^^)/

 

今回の話はこちら!!!

 

元モー娘・後藤真希「夫とは別の男性と関係がありました」不倫報道出てた。

 

だからこういうの見ると嫌になるのよ。みんながみんなじゃないのは分かってる。けれど結局こんなことになったらもうだめやろ。夫婦関係終わるって!半端ないって!

 

スポンサーリンク

 

ちょっと検尿検査のネタ書いて調べものしてたら

 

元モー娘・後藤真希「夫とは別の男性と関係がありました」不倫報道!!!

 

ってニュース出ててさっそく気持ちをぶつけにバーカブログに書くことに。

 

詳細はまたニュース見てくれ!(笑)

 

で、簡単に言うとだね

 

「一部週刊誌で報じられている通り昨年、夫とは別の男性と関係がありました。誠に申し訳ございませんでした」と不倫関係があったことを認め、夫のDV報道については否定したとのこと。

 

関係があったんだと、旦那以外の人と。

 

子供まだ小さいのにいいい・・・・

 

夫婦ってなによ・・・ってなる。

 

旦那さんが悪い?って話でるわな、こういうときって。

 

記憶が確かならゴマキのお母さんが亡くなったときとか、本当につらい時期に今の旦那さんが支えてくれてた!って話だったはず。

 

だからこそ結婚して幸せを気付いてたんじゃないのか?なのにこうもまた別の男と関係があったんだと。

 

で個人的偏見と見解。

 

やっぱり血液型O型やないか!(笑)

 

だいたい女性のこういったケースはO型の女性ばっかり!ほんとやだわ!って(トラウマ発動)矢口真理もそうじゃなかったか?O型じゃなかったか?

 

さて、今回の件でゴマキさんはこういったコメントを出した。

 

この度は、ファンの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。

一部週刊誌で報じられている通り昨年、夫とは別の男性と関係がありました。誠に申し訳ございませんでした。

私の未熟で軽率な行いにより生涯を誓った夫を深く傷つけ、妻として母として、またこのような立場でありながら自覚が足りず、信頼を裏切る事となりました。

後悔の思いとともに深く反省しております。

また、夫よりDVなどを受けていると報じられておりますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやりとりから誤解を招く内容となり、大変反省しております。

現在、夫と度重なる話し合いの末、こんな私を許し受け入れてくれ、夫婦として向き合う時間も増えました。

私自身、改めて家族の大切さと、してしまった過ちの重大さを深く感じています。

これからは今まで以上に夫婦助け合い、子どもたちや家庭を大事に育み、公私ともに精一杯の努力をして参ります。

この度は誠に申し訳御座いませんでした。

 後藤 真希

 

ファンの人がこれ読んでどう思うかしらないが、いっつも思うのはこういった事が起こると

 

「夫婦で話あった。向き合う時間が増えた。改めて家族の大切さを知った。許してもらえた。受け入れてくれた。努力してまた助けあいます」

 

みたいなこと言うやんか。

 

旦那としたら「許すしかない」わけだけど、一回こんなことあったらどうなんやろ。

 

またばれないように絶対関係もつと思うけどな。

 

大好きだった嫁さんの横に映る男性の影が自分ではなく他人の誰か見える感じ、一緒に住んでて嫌になるわ。

 

いっかいでもこんなことがあると子どもがおろうといなかろうと、別れるのも時間の問題なんじゃないかな。

 

不倫ってよくよくじっくりコトコト煮込むように考えたら、絶対あったらアカンことよね。まじで。

 

END

 

今回のはっちのバーカブログを最後まで読んでくれてありがとうございました。もしこのネタ記事を読んで面白かった、良かったと思った読者様は下記の「人気ブログランキング」「ブログ村ランキング」のバナーを宜しければポチっとクリックをお願いします。

 コメントも残してもらえると嬉しいです( ;∀;)

Twitterされてる方いたらRTしてくれると嬉しいです!!!

ブックマーク登録、シェアよろしくお願いします!Twitterもやっているのでフォローお願いします。リンクはこちらhttps://twitter.com/winona0725

 

はっちでした(´・ω・`)

 

 【関連ネタリンク】は下にございます!!!

スポンサーリンク

-トレンド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。