はっちのバーカブログ

日常に体験したネタ話、日常にふと感じた事。毎日見る夢の話。そしてトレンドにバーカと一喝します。

はっちの日常

子供の頃の病院での思い出。


スポンサーリンク

 

ついにやってもうた。2020年毎日ブログ更新昨日途絶えました(笑)まじで眠たくて気が付いてたら寝てた。

 

はっちです^-^

 

今回の話はこちら!!!

 

子供の頃の病院での思い出。

 

耳鼻科いったときにも書いたけれど病院にいくと親ときてる子供がたくさんいるの。それ見てていろいろ思い出したので書いておこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

さて冒頭にも書いたが・・・いきなりブログ更新が途絶えてもうた!!!

 

だがここからまたスタートってことで。神機能を使うしかない。未来日記である。かけるときに書いて今日もし僕が死んだとしても明日明後日と日記が更新されるというシステム!

 

なんかね、僕の性格上明日以降の計画練ることとか未来の約束事がものすごい苦手でね。これ共感してくれる人いるかな?今回の件とは関係ないけど。

 

来週いつあいてる?とか、明後日あそべる?とか、明日は何時から大丈夫?とかものすごい苦手。ほんなら約束できへんやん!ってなるんやけど旅行とは別。遊ぶってレベルの話。

 

なんか決めるのが苦手。スケジュールは出てるから仕事関係での問題はないんやけど来週のことなんてどうなってるかわからんからあいまいに「おk!」って返事が出来ない。

 

から「またわかったら言うわ」って言ってギリギリになって相手から「明日どうなってるの?」ってくるパターンがほとんど。こりゃだめだ。まあいいっかってことで本題にいくぞ!!!

 

耳鼻科いったときにTwitterにも書いたけれど子供たくさんいてたくさん泣いてるのよ。隣でオカンおって笑ってたり心配そうにしたり話声もきこえる。僕はだまって鼻にとある装置をつけながらそれらを聴いてみてた。

 

子供のときってみんなどうかわからないけど僕はどっちかといえば病院によくいってた記憶がある。喘息もあったし、風邪もひきやすかったと思う。あとは仮病?みたいな感じでよくわからんまま泣いてオカンとよく病院いってたと思う。

 

※実際はどうかわからんけど(笑)

 

いやでもおそらくオカンに聞いたら「よくあんた病院いってたよ」ってなると思う。弟と妹もいてるんやけどおそらく僕がいちばん病院行ってた。たぶん体が弱いとかじゃんくてメンタル弱かったと思う。泣き虫だったし。

 

僕も親くらいの年齢になって子供ともし病院きたら(1人でもそうだけど)親の存在ってでっけえな!って思えてね。オカンだから!でもあるんだけどオトンでもそう。両親がいるってことだけでどれだけ助けられたか。当時はなんとも思ってなかったとおもうけど。

 

大人になってこそやっぱりわかることってある。わけのわからんまま泣いて学校休んでオカンに電話してもらって病院いってなにも問題ないってなって帰ってゲームしての繰り返しじゃなかったんかな?って。

 

小学校時代。いや、でも小学校とか学校は大好きで楽しくいってた。ことあるごとにちょくちょく休んでたんかな?そのへんも記憶がもうない・・・。

 

今思い出してみるとおもろいのが何かがおかしくて内科の先生にみてもらってまずオカンが「なんかお腹が痛いっていってるんですよ」とか「頭がいたいの?」とかいうんやけどそれを僕は「違うわ!これがこうで・・・」みたいな情景が見えた。

 

僕はこういいたいんやけどオカンが別のこというみたいな。懐かしい光景。いつも漫才みたいになってチャンチャンで終わるみたいな。親もやることあるだろうに子供に費やす時間も相当なものだろう。

 

だから子育ても大変なんだ。

 

最近シングルについてネットでも書かれてたけどやっぱり大変なんだと思う。仕方ないっていえばそうだけど、親の都合で離れて子供のこしてどっかいくのはつらいよね。

 

そのことについてつべこべいうつもりもないけど、僕は両親おってここまで育ててくれて幸せだと思う。どんな育てかたされて、なにされてとかあるんだろうけど僕はぜんぜん自分のこと嫌いじゃないし、むしろ「これが僕やでな」って思える。

 

僕のオカンは変人。笑いすぐとりにくる。くそ下品。平気で裸で家徘徊する。職業は看護師。八方美人。だれにでもにこにこする。せっかち。おおざっぱ。くそドジ。人の話きかへん。自分の話だけしてどっかいく。変人。料理もそこまで得意じゃない。適当。韓国ドラマ好き。めっちゃLINEしてくる。ちんちくりん。賢くはない。A型。

 

うちのオカンの両親はわけありでおばあちゃんが本当のおばちゃんじゃなかった。そんな育ち出身。

 

僕のオトンはおとなしいほう。九州男児。きれると怖い。でかい。力つよい。そない話せん。わらわない。でかい。クール。俊敏ではない。野球監督経験あり。スポーツはだいたいできた。清原っぽい。麻薬はしてない。女好きそうでもない。まじめだとはおもわない。いざというとき頼りになる。子供ときはよくなぐられた。変人ではない。O型。

 

オトンの両親もわけあり。オトンが生まれたときくらいにオカンが病気なんかで死去。おじいちゃん1人とお姉ちゃんたちに育てられたとのこと。7人のきょうだいがいる。

 

親の存在、子供のときにどんな環境にいたかで大人になったときの性格に影響するってことはどこにでも書かれてるよね。それは本当にそうだと思う。いろんな事件や事例みてもわかる。だからなに?て話じゃないけど。

 

ただふと今でも鮮明に覚えてることがある。

 

小学校低学年いつかはわからんけどみんながいる部屋でオトンがオカンにむかって怒ったときがあった。たしかテレビのことで喧嘩したみたいだった。もういいわ!!!みたいなこといってチャンネルなげつけてどっかいった。

 

なぜか僕はめっちゃそのとき泣けてきてね。怖くて泣いたんじゃないの。おそらくこれでオカンとオトンが別々になったらそどうしよう?って。そんな感情を覚えてる。子供ながらに両親はいてほしいって思ったんかな。

 

もし子供のときにどっちかおらんくなってたら今の僕は形成されてなかったのかもしれないな。親がいることのあたたかさ、親がいることの安心感、それをもって僕もいつか子供ができたら接していこうと思う。

 

自分勝手な、相手かってなことで子供を1人にさせないように。

 

俺が1人で育てるんだ!!!は絶対に言いたくない。

 

END

 

今回のはっちのバーカブログを最後まで読んでくれてありがとうございました。もしこのネタ記事を読んで面白かった、良かったと思った読者様は下記の「人気ブログランキング」「ブログ村ランキング」のバナーを宜しければポチっとクリックをお願いします。

 コメントも残してもらえると嬉しいです( ;∀;)

Twitterされてる方いたらRTしてくれると嬉しいです!!!

ブックマーク登録、シェアよろしくお願いします!Twitterもやっているのでフォローお願いします。リンクはこちらhttps://twitter.com/winona0725

 

はっちでした(´・ω・`)

 

 【関連ネタリンク】は下にございます!!!

スポンサーリンク

-はっちの日常

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。